よこはま動物園ズーラシア公式サイト

ありがとう、姫(クロヅル)   の写真

更新日:2019.11.03ありがとう、姫(クロヅル)   

更新日:2019.11.03

ありがとう、姫(クロヅル)   

去る10月25日、クロヅルの姫が死亡しました。

クロヅルの姫.jpg

姫は1999年にズーラシアにやってきました。

年齢は24歳3ヶ月でしたので、ツルの平均寿命が野生では約30年と言われている中では少し早かったのかなと思います。

10月21日に歩行のふらつきが見られたため、採血・点滴を行い、展示をお休みしてバックヤードで様子を見ていました。

その後ふらつきが悪化し、回復することなく25日に死亡しました。

私はズーラシアで働き始めてまだ数か月ですが、飼育員として初めて担当することになった動物のうちの1頭がクロヅルの姫でした。

これほど早く動物の死に直面するとは思っておらず、急な別れだったので、まだ信じられません。

姫はとても人懐っこく、新人の私に対しても求愛ダンスをしてくれることもあり、その求愛ダンスを見るのが私の毎日の楽しみでもありました。

姫の決めポーズ.jpg

姫がいなくなって寂しくなったのでしょうか、最近隣の展示場にいるマナヅルのブーが頻繁に鳴くようになりました。

よく鳴いてどこか寂しそうに見えるマナヅルのブー.jpg

私にとっては長いようで短い間でしたが、姫の元気な姿を毎回見ることができて、とても幸せでした。

姫、ほんとうにありがとう。

クロヅルの姫2.jpg

最後になりますが、長い間、姫を見守っていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 

(飼育展示係 黒田)