ツシマヤマネコ

ツシマヤマネコの写真1
ツシマヤマネコの写真2
ツシマヤマネコの写真3
ツシマヤマネコの写真1
ツシマヤマネコの写真2
ツシマヤマネコの写真3

ツシマヤマネコ

学 名
 Prionailurus bengalensis euptilurus
英 名
 Tsushima Leopard Cat
概 要
長崎県の対馬にだけ生息する野生のネコです。島の住民には「トラヤマ」と呼ばれています。東南アジアから中国・朝鮮半島まで広く分布するベンガルヤマネコ亜種だとされています。大きさは普通の飼い猫と同じぐらいですが、耳の後ろの白い斑紋と太くて長い尻尾が特徴です。対馬の分布は徐々に減っており、絶滅が危惧されています。国の天然記念物に指定されています。対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/ にて最新の現地の保護状況がわかります。
体 長
 70~80㎝
体 重
 3~5kg
分 布
 対馬
目 / 科
 食肉目 / ネコ科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>軽度懸念(LC)
ワシントン条約
 附属書II

日本の山里の動物

  • クロヅル
  • コウノトリ
  • ツシマヤマネコ
  • ニホンアナグマ
  • ニホンザル
  • ニホンツキノワグマ
  • ホンドギツネ
  • ホンドタヌキ
  • マナヅル
w