クロヅル

クロヅルの写真1
クロヅルの写真2
クロヅルの写真3
クロヅルの写真1
クロヅルの写真2
クロヅルの写真3

クロヅル

学 名
 Grus grus
英 名
 Common Crane
概 要
北ヨーロッパからユーラシア大陸の寒帯域の広い範囲で繁殖し、冬季にはアフリカ北東部やインド北部、中国南部に南下します。ツルの中では最も広い分布域をもっていて、日本へも冬になると数羽が渡って来ます。繁殖期には平地から山地の湖岸や川岸の湿原などに広大ななわばりを持って雛を育てますが、越冬地では群れですごします。
体 長
 115cm
体 重
 4.5~5.1kg
分 布
 ヨーロッパからロシア東部、アフリカ北東部、インド北部、中国南部
目 / 科
 ツル目 / ツル科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>軽度懸念(LC)
ワシントン条約
 附属書II

日本の山里の動物

  • クロヅル
  • コウノトリ
  • ツシマヤマネコ
  • ニホンアナグマ
  • ニホンザル
  • ニホンツキノワグマ
  • ホンドギツネ
  • ホンドタヌキ
  • マナヅル
w