オオワシ


オオワシ

学 名
 Haliaeetus pelagicus pelagicus
英 名
 Steller's Sea Eagle
概 要
アムール地方からカムチャッカにかけてのオホーツク海沿岸で繁殖し、日本へは越冬のために11月頃から渡って来て、3月頃に再び繁殖地へと帰っていきます。海岸や河川、湖の周辺などにすみ、魚やカモを捕らえたり、打ち上げられた死体などを食べています。冬季には陸生哺乳類の死体を食べることもあります。1970年に国の天然記念物に指定されています。
体 長
 オス88cm、メス102cm
体 重
 4~9kg
分 布
 オホーツク海沿岸から朝鮮半島
目 / 科
 タカ目 / タカ科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧II類(VU)
ワシントン条約
 附属書II

亜寒帯の森の動物

  • アカツクシガモ
  • アムールヒョウ
  • ウミネコ
  • オウギバト
  • オオワシ
  • オシドリ
  • ギンケイ
  • ゴールデンターキン
  • シロフクロウ
  • シロミミキジ
  • セグロカモメ
  • トウホクノウサギ
  • ニジキジ
  • フンボルトペンギン
  • ベトナムキジ
  • ベニジュケイ
  • ホッキョクグマ
  • ミナミアフリカオットセイ
  • ユーラシアカワウソ
  • レッサーパンダ