ゴールデンターキン


ゴールデンターキン

学 名
 Budorcas taxicolor bedfordi
英 名
 Golden Takin
概 要
ターキンには4亜種*が知られていますが、そのうちの中国陝西省に産する亜種で、全身が金白色をしています。標高2、000~3、000mの急峻な山地の森林に小群で棲んでおり、木の葉、草などを食べます。群は家族単位で1頭の雄が複数の雌を率い、外敵等から群を守ります。体には特定の分泌線はありませんが、強い臭いのする油状の物質を分泌します。中国ではジャイアントパンダと並んで、国家第一級の保護動物に指定されています。他の亜種はインド、ミャンマー(ビルマ)、ブータン、中国の山岳地帯などに分布します。

*:アッサム・ブータン・ステョワン・ゴールデン

体 長
 150~200cm
体 重
 200~300kg
分 布
 中国の秦嶺山脈(陝西省南部・甘粛省東南部)
目 / 科
 鯨偶蹄目 / ウシ科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧II類(VU)
ワシントン条約
 附属書II

亜寒帯の森の動物

  • アカツクシガモ
  • アムールヒョウ
  • ウミネコ
  • オウギバト
  • オオワシ
  • オシドリ
  • ギンケイ
  • ゴールデンターキン
  • シロフクロウ
  • シロミミキジ
  • セグロカモメ
  • トウホクノウサギ
  • ニジキジ
  • フンボルトペンギン
  • ベトナムキジ
  • ベニジュケイ
  • ホッキョクグマ
  • ミナミアフリカオットセイ
  • ユーラシアカワウソ
  • レッサーパンダ