テングザル


テングザル

学 名
 Nasalis larvatus
英 名
 Proboscis Monkey
概 要
インドネシア、マレーシアに属するボルネオ島のみに生息するオナガザルの仲間。主な生息地は海沿いのマングローブ林や川沿いの湿地林で、一部は川沿いにかなりの上流部(標高245m)にも生息します。主な餌は木の葉、特に若葉を好みます。オトナのオスは大きな鼻が特徴で、食事の時には邪魔になるときもあり、時々片手で鼻を押し上げながら食べ物を口に運ぶこともあります。何のために大きいのかは正確には不明ですが、メスに対するセックスアピール、または大きな声を出すための共鳴器とも言われています。
体 長
 オス74.5cm、メス62cm
体 重
 オス20kg、メス10.0kg
分 布
 ボルネオ島
目 / 科
 霊長目 / オナガザル科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧IB類(EN)
ワシントン条約
 附属書I

中央アジアの高地の動物

  • チベットモンキー
  • テングザル
  • ドール
  • モウコノロバ