カンムリシロムク

カンムリシロムクの写真1
カンムリシロムクの写真2
カンムリシロムクの写真3
カンムリシロムクの写真1
カンムリシロムクの写真2
カンムリシロムクの写真3

カンムリシロムク

学 名
 Leucopsar rothschildi
英 名
 Rothschild’s Mynah
概 要
この鳥が発見されたのは1912年で、当時からそれほど生息数は多くありませんでしたが、近年の生息地の開発とその美しい羽色ゆえに飼鳥として乱獲されたことから激減し、現在ではインドネシアバリ島の「バリ・バラト自然保護区」の一部でしか見ることが出来なくなってしまいました。バリ島の固有種で、低地の熱帯サバンナに小群ですみ、虫などの小動物や果実などを餌としています。時折、頭の冠を逆立てるディスプレイを行います。
体 長
 25cm
体 重
 100g
分 布
 インドネシアのバリ島
目 / 科
 スズメ目 / ムクドリ科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧IA類(CR)
ワシントン条約
 附属書I

アジアの熱帯林の動物

  • アカアシドゥクラングール
  • インドゾウ
  • インドライオン
  • ウンピョウ
  • オオミカドバト
  • カンムリシロムク
  • カンムリセイラン
  • シシオザル
  • スマトラトラ
  • フランソワルトン
  • ボウシテナガザル
  • ボルネオオランウータン
  • マレーバク
w