アカアシドゥクラングール

アカアシドゥクラングールの写真1
アカアシドゥクラングールの写真2
アカアシドゥクラングールの写真3
アカアシドゥクラングールの写真1
アカアシドゥクラングールの写真2
アカアシドゥクラングールの写真3

アカアシドゥクラングール

学 名
 Pygathrix nemaeus
英 名
 Red-shanked Douc Langur
概 要
熱帯雨林およびモンスーン林に10頭程の群れで生活しています。リーフイーター(葉喰いザル)の仲間で、木の葉や果物などを主食としています。以前は、南方に分布している脚の黒いクロアシドゥクラングールや灰色のハイイロドゥクラングールとともに亜種とされていましたが、現在では独立した種となりました。ベトナム戦争の時に、米軍によって散布された枯葉剤によって生息地の大半を失って数が激減したと言われており、生存が極めて危険な状態にあります。
体 長
 61~76cm
体 重
 14kg
分 布
 ベトナム、ラオス、カンボジア
目 / 科
 霊長目 / オナガザル科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧IB類(EN)
ワシントン条約
 附属書I

アジアの熱帯林の動物

  • アカアシドゥクラングール
  • インドゾウ
  • インドライオン
  • ウンピョウ
  • オオミカドバト
  • カンムリシロムク
  • カンムリセイラン
  • シシオザル
  • スマトラトラ
  • フランソワルトン
  • ボウシテナガザル
  • ボルネオオランウータン
  • マレーバク
w