インドゾウ

インドゾウの写真1
インドゾウの写真2
インドゾウの写真3
インドゾウの写真4
インドゾウの写真1
インドゾウの写真2
インドゾウの写真3
インドゾウの写真

インドゾウ

学 名
 Elephas maximus indicus
英 名
 Indian Elephant
概 要
現存するアジアゾウ4亜種のうちの一つ。牙は雌雄共にあります。森林に棲み、普通、雌は10~20頭の母系家族群をつくって、雄は単独か数頭で行動します。成獣は一日に100kg以上の木や草を食べると言われています。インドではゾウは現在でも荷役動物として、また様々な儀式において、人々と深くかかわっています。しかし、近年野生ゾウの生息環境の破壊により、人間と生息域が重なる地域が増加しています。このためゾウによる農地荒らし、死傷事故などが年々深刻化しています。
体 長
 5.5~6.4m
体 重
 4~5t
分 布
 中国南部からインド、東南アジアなど
目 / 科
 長鼻目 / ゾウ科
希少種(レッドリスト)
 絶滅危惧種>絶滅危惧IB類(EN)
ワシントン条約
 附属書I

アジアの熱帯林の動物

  • アカアシドゥクラングール
  • インドゾウ
  • インドライオン
  • ウンピョウ
  • オオミカドバト
  • カンムリシロムク
  • カンムリセイラン
  • シシオザル
  • スマトラトラ
  • フランソワルトン
  • ボウシテナガザル
  • ボルネオオランウータン
  • マレーバク
w