金沢動物園公式サイト

治療のお邪魔虫の写真

更新日:2020.07.04治療のお邪魔虫

更新日:2020.07.04

治療のお邪魔虫

①ハジラミ.jpg

この黒い点の様な物。

何かわかりますでしょうか?

大きさは、大きい物で3ミリ程度。

 

この正体は「ハジラミ」です。

 

お家で飼育している犬や猫などのペットにノミやダニなどの外部寄生虫が付く場合があるのと同様に保護されてくる鳥類にも、時々このハジラミが付いてくるのです。

ハジラミは種特異性が高く、寄生できる種が限られているので、鳥のハジラミが人に寄生して増殖することはありません。ですが、移動するスピードは比較的早く、手術中に腕に上ってきたり、時には髪の中にまで侵入してきたりと自由気ままに移動してきます。

 

②.jpg

普段は羽の隙間に身を隠しているのですが、恐らく、寄生している鳥が危険な状態だということを察知して、慌てて次の住居となるべく生物を探しているのだと思います。

人には寄生しないと分かってはいるものの、頭皮を動き回られるとむず痒く、何だか良い気持ちがしません。

 

それは鳥にとっても同じで、寄生する数があまりに多いと掻痒(そうよう)感から体調が悪くなってしまうこともあるのです。なので、あまりに多い場合は駆虫をし、鳥にとっても過ごしやすい環境で治療を行っています。