サイトメニュー ショートカット
文字サイズ
続・ウガンダのシロサイ事情の写真

更新日:2014.05.16続・ウガンダのシロサイ事情


更新日:2014.05.16

続・ウガンダのシロサイ事情

3月4日のこぼれ話で紹介したジワ・シロサイサンクチュアリ。
ここは、ウガンダの首都カンパラから北へ176㎞。
チンパンジーの棲むブドンゴフォレストや、ゲームドライブ、ボートサファリで
野生動物を堪能できるマーチソンフォールズ国立公園に
行く途中にあります。


大きな街道沿いにある案内看板。
ここを曲がって未舗装路を10㎞位走ると
宿泊施設やレストランを併設した70平方㎞の敷地を持つ
シロサイサンクチュアリがあります。


この施設では、ガイドの案内でシロサイを観察することができます。

ko20140515-3jpg.jpg
インフォメーションに掲出してあった個体紹介。
1月に続き、3月にも子どもが生まれた、との情報があり、
現在オス6頭、メス7頭、子ども2頭の、計15頭が暮らしています。
密猟により、ウガンダからシロサイが絶滅してしまった後
1993年にTHE RHINO FUND UGANDA(サイ基金ウガンダ)が立ち上がり、
2001年に初めてケニヤよりシロサイを導入し、2009年の初繁殖以来、
順調に増えているようです。


さて、UWEC(ウガンダ野生生物教育センター)でも2頭のシロサイを
飼育しています。
ということはウガンダには全部で17頭、シロサイがいることになります。
仲が良すぎるせいか、今まで繁殖経験のない2頭に刺激を与える(?)ために、
ジワから繁殖経験のあるオスの糞を採取し、
UWECのシロサイたちの放飼場に置いてみました。


2頭とも、気になるようで、それぞれ匂いを嗅ぎには来ましたが、
すぐに行ってしまいました。
ほかのオスの匂いに刺激を受け、何らかの行動の変化があれば、と
思ったのですが空振りにおわりました。


哺乳類担当の職員は、毎朝、オスのシェリーノの鼠蹊部をマッサージし、
採精ができるようにと馴致を行っています。


メスのカビラでは、耳の血管から採血し、ホルモン値を測定できるよう
訓練していました。
サイの人工授精は大変難しいのですが、UWECの職員たちは、
自国の、一度は絶滅してしまったシロサイ復活を夢見て、毎日努力をしています。


たまには、角を突き合わせることもありますが、


仲良く草を食べている2頭を見ていると
心が落ち着きます。

なんとかジワの15頭とこの2頭をうまく活用して、
いつの日か、ウガンダの草原に、再びシロサイが戻ること信じたいと思います。
(やせヒゲ眼鏡 田島)