サイトメニュー ショートカット

山手234番館

文字サイズ
 山手居留地150年記念  山手と蓄音器の写真

更新日:2017.07.31 山手居留地150年記念 山手と蓄音器

更新日:2017.07.31

山手居留地150年記念 山手と蓄音器

開催日
8/25(金)~8/29(火)
時間
9:30~18:00  
場所
山手234番館 ギャラリー

横浜山手は1867年に外国人居留地として定められ、今年150年を迎えました。山手の丘は横浜開港とともに、いつの時代も外国人と深くかかわりながらその歴史を刻んできました。山手9番地、地蔵坂に住んでいたF,W,ホーンは1910年日本で初めて蓄音器とレコードの製造販売を手掛けた日本蓄音器商会を設立し、日本に蓄音器を広めて行きました。今回は居留地150年を記念して山手における蓄音器の歴史に関しての資料展示と昔の音を楽しむコンサートを開催いたします。

p01.png

【山手と蓄音器・その音色】

開催日:2017年8月27日(日)14:00~15:30

場 所:山手234番館 2階レクチャールーム

参加費:無料 (先着35人)申し込みは不要です。