サイトメニュー ショートカット

本牧市民・臨海公園

文字サイズ
水辺の花の写真

更新日:2018.07.07水辺の花


更新日:2018.07.07

水辺の花

とんぼ池周辺に水辺の花が咲いています。7月13日はお盆の入り。仏壇に供えられる盆花でもある、「ミソハギ」と「ガマ」が夏の到来を告げるように、風に揺れていました。                                                                             「ミソハギ」・・・お盆のとき、この花穂(かすい)で供え物を清めたことから禊萩(みそぎはぎ)が詰まって、「ミソハギ」の名になったという説もあります。日当たりの良い湿地や小川のほとりなどで見られ、小さな花が葉の脇にかたまってつき、穂状になって夏中咲いています。とんぼ池の淵に、ところどころ咲いていますので、ちょっと気にとめて見てください。可憐な花に出会えますよ。

DSCF5517.jpgDSCF5508.jpg 

          「ガマ」・・・お盆の時、ご先祖様の杖として供えられます。池や沼に群生し、茎の先端に無数の雄花がついた黄色の穂がつき、そのすぐ下に淡緑色の雌花の穂がつきます。この雌花が成熟して茶褐色になり、皆さんが良く見かける写真のような「ガマ」の姿になります。とんぼ池に群生していますので、実際に生えている姿をご覧になってください。

DSCF5512.jpgDSCF5515.jpg