サイトメニュー ショートカット

本牧市民・臨海公園

文字サイズ
犬も歩けば...の写真

更新日:2018.01.11犬も歩けば...


更新日:2018.01.11

犬も歩けば...

11日の鏡開きが過ぎると、正月気分はすっかり無くなって、
家も街も公園も、普段の様子に戻ります。
あらためまして、あけましておめでとうございます。
今年は年。
『犬も歩けば棒に当たる』と言いますが、
『公園も歩けば犬に当たる』とも言うんですよ。
ワンちゃんのお散歩が多いって事じゃありません。
じゃあ、どういう事?
とにかく外に出てみましょう。

CIMG0646_small.jpg
いきなり当たりました!
管理センター前のイヌマキ(マキ科)
広い本牧市民公園の中でイヌマキはこの1本だけです。

CIMG0655_small.jpg
イヌツゲ(モチノキ科)の植え込み。
上海友好園前の巨石のモニュメントの根元にありました。

CIMG0667_small.jpg
イヌビワ(クワ科)
「ビワ」という名前が付いていますが「イチジク」の様な実が生ります。
本牧臨海公園の山のあちこちに生えていて、
晩秋~冬にかけて、ご覧のような黄色い葉が遠くからも目立ちます。

CIMG0648_small.jpg
D51前のオオイヌノフグリ(オオバコ科)
春先の野に咲くあの小さな青い花です。
公園内の日当たりの良い場所を捜したのですが、
さすがに寒のこの時季に花は咲いてませんでした。

P8140305_small.jpg
イヌタデ(タデ科)
「あかまんま」の名で親しまれているどこでも見られる赤いタデ。
でも真冬の今はなかなか見つかりません。
写真は、こんなこともあろうかと、
夏に水田の横に生えていたのを撮っておいたのです。
(ウソ、きれいだから思わず撮ったのでした!)

CIMG0679_small.jpg
最後に八聖殿参道横に辛うじて残っていたこの草。
えっ?
ネコジャラシじゃん、これ。
ネコジャラシは通称で、正式名称は「エノコログサ」です。
漢字で書くと尾草、
犬のしっぽのような草という意味です。
なんか、面白いですね。

この他にも、イヌガシ、イヌホオズキ、イヌワラビなどなど
沢山のたちが公園に待ち構えています。
みなさんも知らないうちに当たってるかもしれませんよ。