サイトメニュー ショートカット

こども植物園

文字サイズ

施設概要

横浜市こども植物園のご紹介

こども植物園は、コムギの研究で著名な植物遺伝学者の木原均博士の研究所跡地に、昭和54年6月23日、国際児童年を記念して開園した広さ約3.0ha(うち、公開面積2.6ha)の植物園です。こどもたちに、植物に接し自然に親しみながら植物の知識を深め、緑を守り育てる思いやりのある心を培ってもらうとともに、市民の皆様に対する緑化の普及教育活動を行っています。 園内は、花壇・バラ園、野草園、くだもの園、竹園、花木園、生垣園、薬草園などが整備され、中には、ニュートンのリンゴの木、メンデルのブドウをはじめ珍しい品種が数多く集められています。 また、園内28ヶ所に植物クイズパネルが設置され、楽しみながら植物について学ぶことができます。

1階展示室では各種展示会が定期的に開催され、2階研修室ではこども植物教室やガーデニング講習会を開催しています。図書コーナーは開園時間内に利用できます。

こども植物園の園内地図はこちら

バラ園人.jpg

花びらの落ちた花木園.jpg

基本情報

面積

約25,829㎡

所在地

横浜市南区六ツ川3-122

開園時間

9:00~16:30

休園日

毎月第3月曜日(休日の場合は、翌日)
12月29日~1月3日

入園料

無料

アクセス

交通案内はこちら

お問合せ

TEL:045-741-1015

駐車場

なし
※向かいの児童遊園地駐車場をご利用ください

その他

ジュース・アイスの自動販売機あります。
バラ苗「はまみらい」の販売をしています。